ほくろ治療を行おう|美容外科クリニックで徹底除去

赤いほくろの存在

医者と看護師

通常、ほくろというものは色が黒いことが一般的になりますが、稀に赤いほくろが体にできる場合があります。なぜ、黒いほくろではなく、赤いほくろができてしまうのか、その理由について説明します。赤いほくろは通常の黒いほくろと違い、かゆさを伴って発見されることが多いです。そして、この赤いほくろは実はほくろでなく、老人性血管腫と言われる症状なのです。老人性血管腫は、毛細血管が増殖して皮膚の上に飛び出してしまったものですから、あまり搔きむしると皮膚にダメージを与えるだけでなく、出血してしまう恐れもあります。そのため、赤いほくろによってかゆみが現れても、搔かずに専門的に治療ができる場所で治療を受けましょう。この赤いほくろができる原因は様々な理由があります。まず、一つ目が加齢です。加齢に伴い、身体は外、内関わらず老化していきます。その結果、血管の老化現象が引き起こされ、赤いほくろができてしまうのです。また、ストレスによっても赤いほくろができてしまう可能もあります。日常生活を過ごしていると、生活習慣の乱れや家庭内での家事などの様々な疲労によってストレスを感じてしまいます。特に、睡眠不足は過剰なストレスをを引き起こしやすく、赤いほくろができてしまう原因の一つです。ストレスや老化が赤いほくろができてしまう理由の大半を占めますが、他にも遺伝やホルモンバランスの乱れなども原因になりえます。赤いほくろを予防することは難しいですが、自身ができる程度のスキンケアをするだけでも、予防に繋がります。ですから、日常生活でのスキンケアをきちんと行うようにしましょう。

赤いほくろは通常のほくろとは様々なことが異なります。例えば、通常の黒いほくろは無害でかゆみがないのが、特徴的ですが、赤いほくろはかゆみが強く、放っておくと皮膚の病気になってしまう可能もあります。そのため、赤いほくろができた際には、早急に治療を受けるようにしましょう。今では、黒いほくろ、赤いほくろと関係なく、美容外科クリニックで治療を受けることができます。この赤いほくろの治療にはいくつかあり、治療をきちんと行うことでほくろをキレイに除去することができます。そして、治療の方法には凍結療法、切除手術、炭酸ガスレーザーが主に用いられます。凍結療法では液体窒素を使用して治療を行います。具体的には赤いほくろの部分を凍結させて、切り除くという簡単な治療方法になります。凍結療法で治療すれば、約1週間程度で切り除いた部分がかさぶたとなり、剥がれていきます。切除手術では大きいほくろを除去するために用いられる治療法です。切除手術では、医師がほくろを切り除くため、医師のスキルが需要になってきます。もしも、自身のほくろに切除手術を選ぶなら、予め信頼できる医師を見つけておきましょう。炭酸ガスレーザーはほくろ除去の中でも最先端の医療レーザーでほくろを除去する方法になります。レーザーによって、赤いほくろの細胞を根元から破壊していき、患部をキレイにします。炭酸ガスレーザーは治療中の痛みも他の治療法よりも少なくとも済むので、おすすめの治療法になります。

Back to Top