ほくろ治療を行おう|美容外科クリニックで徹底除去

セルフケアもできる

カウンセリング

現代社会で、ほくろ除去の方法にはレーザーを用いたレーザー治療が女性の中で人気になっています。美容外科クリニックや皮膚科でのレーザー治療はニキビ治療、シミ治療、イボ治療など様々な用途によって、レーザー治療の種類を変えていきます。当然、ほくろ除去にもレーザー治療が有効的な手段になります。しかし、レーザー治療でほくろ除去ができるのは5ミリ以下の小さなほくろになります。それ以上の大きさになりますと、レーザー治療でほくろを除去する前に肌に甚大なダメージを与えてしまう結果になります。ですから、もしも、自身が除去しようとしているほくろが5ミリ以上なら医師と相談して切除手術など別の治療方法を検討するといいでしょう。また、逆に、3ミリ程度のほくろを除去したいという方は自宅でできるセルフ除去を行ってみるのもいいでしょう。もちろん、美容外科で除去する方が確実に除去することができますし、キレイな状態にすることもできます。しかし、小さなほくろなら、自身で除去することも十分に可能です。自宅でセルフケアする方法としては、主に市販のほくろ除去クリームやほくろ除去ジェルを使用する方法が代表的です。ほくろ除去クリームやほくろ除去ジェルは、患部に塗ることで皮膚細胞を腐食させることができます。そうして、傷ついた細胞が再生すると同時にかさぶたを作ってくれます。そして、最後にかさぶたがほくろと一緒に剝がれて除去が完了します。セルフケアは市販のアイテムを買うだけでいいので、費用は少なく済みます。しかし、やはり効果的にほくろ除去をするなら、レーザー治療がおすすめです。

体にできるほくろを治療するなら、セルフケアでほくろ除去を行なうのか、美容外科でほくろ除去を受けるのか、どちらが自分に合っているのかを知っておく必要があります。今では、市販のアイテムも進化していて、患部にクリームやジェルを塗るだけでほくろを除去することが出来るものもあります。ですから、一概に美容外科で治療することが一番とは言えないのが現状です。しかし、それでもセルフケアよりも美容外科での治療の方が確実かつキレイに治療できますから、おすすめです。また、美容外科の治療は基本的に、初診、施術、アフターケアの三回で治療が完了します。初診では自身の希望などを聞くためにカウンセリングを行います。その希望に基づいて医師が施術を執り行ってくれます。そのため、セルフケアよりも美しく肌を仕上げることができるのです。また、何よりも重要なのがアフターケアになります。セルフケアでは、自身でアフターケアをしなければならないので、少なからず失敗して肌の状態を悪くしてしまう方もいます。しかし、美容外科では医師がアフターケアをしっかりと行ってくれるので、キレイな肌を作ることができます。ですから、ほくろ除去を検討しているなら、美容外科で治療を受けるといいでしょう。

Back to Top