ほくろ治療を行おう|美容外科クリニックで徹底除去

皮膚科と美容外科

婦人

ほくろ除去で悩むのは治療方法だけでなく、施術を受ける場所もそうでしょう。ほくろ除去の施術が受けられる場所には皮膚科と美容外科かのどちらかです。そのため、皮膚科と美容外科のそれぞれのメリットを知って選択するといいでしょう。まず、皮膚科のメリットについて説明します。皮膚科の最大のメリットは健康保険が適応できる点でしょう。健康保険が適応できるということは、施術の負担額を三割に減らすことができ、治療にかかる費用が安く済みます。しかし、保険が適応されるかは医師の判断にゆだねられるので、皮膚科によっては保険が適応できない可能性もあります。ですから、自身が健康保険を使って治療を行う場合には保険が適応できるか、事前に確認しておくといいでしょう。特に、複数のほくろを除去する際には、保険が適応するか、しないかで大きく負担が変わってきます。一方、美容外科では、全額負担が基本的です。そのため、ほくろ除去にも結構なお金が必要になってきます。しかし、美容外科は料金こそ高いですが、その代わりに美容面では皮膚科より遥かに優れています。そのため、美容外科でほくろの治療を行う女性も多いのです。また、美容外科は皮膚科よりも多くの施術メニューがあります。最先端技術のレーザー治療、メスと電気メスを併用して施術を行なう切除手術、ほくろの細胞、組織を凍結させて切除する凍結療法など様々です。このように施術の豊富さで美容外科はおすすめできますが、金額面では保険が適応する皮膚科の方がお得です。皮膚科と美容外科、それぞれのメリットを知った上で自身に合った医療機関で治療を行なうといいでしょう。

ほくろの治療にはセルフケア、美容外科や皮膚科での施術と様々な手段があります。その中でも、健康保険を適応できるのが皮膚科になります。もちろん、美容外科でも健康保険を使える場合はありますが、今では使えるところも少ないです。しかし、皮膚科の場合にはほくろ除去は治療行為にあたるために健康保険の適応が可能なのです。しかし、皮膚科でも複数のほくろを対象とした場合には、全部は保険適応にならない可能性が高いです。例えば、三つのほくろを皮膚科で除去したとします。その三つのうちの一つが保険適応になり、負担額を三割に抑えることができます。しかし、残り二つは美容行為にあたるため、保険適応ではなく、全額負担になります。また、皮膚科では治療方法が美容外科と比較して制限されます。そのため、本格的にほくろを除去して美容を行なうのなら、美容外科で施術を受けるといいでしょう。美容外科では、皮膚科にはない様々な手段でほくろの除去を行ってくれます。特に、炭酸ガスレーザーでは効果的にほくろの除去ができるために、女性に評判がいいです。しかし、施術の内容は美容外科がおすすめできるものの、負担額を見ると保険が適応できる皮膚科も魅力的でしょう。ですから、まずは自身がどんな目的でほくろ除去を行なうのか、考えた上で選ぶといいでしょう。

Back to Top